税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電卓の使い方 7(税込・税抜)

電卓の使い方一覧

久しぶりに、ブログの分析をしていたら、「電卓 使い方 税込」と「電卓 使い方 税抜」という検索キーワードが結構あったので、今回は税込と税抜の機能について説明していきたいと思います。

説明に使っている電卓はSHARP 電卓 12桁 ナイスサイズEL-N412K-Xです。

税込
ある税抜金額の税込金額と消費税額を知りたいときに使います。
例えば、100円(税抜)の税込金額と消費税額を知りたいときは、

100「税込」

とするだけです。
すると「105」と表示されます。
これが税込金額です。
もう一度「税込」を押すと次は「5」と表示されます。
これが消費税額です。

税抜
ある税込金額の税抜金額と消費税額を知りたいときに使います。
例えば、105円(税込)の税抜金額と消費税額を知りたいときは、

105「税抜」

とするだけです。
すると「100」と表示されます。
これが税抜金額です。
もう一度「税抜」を押すと次は「5」と表示されます。
これが消費税額です。

使い方自体はそれほど難しくないです。

最近は消費税率の引き上げが話題となっています。
もし税率が変わったら「電卓を買い換えなければいけないのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、買い換える必要はありません。
税率を変更できる機能もちゃんとついています。

税率の設定変更
仮に消費税率が7%になったとします。
「税込」を押すと数字が表示されます(現在は「5」が表示されると思います。)
これが現在設定されている税率です。
税率を変更するには、次のように入力します。

「税込」7「税込」

これで税率が7%に変更されます。
ためしに、100「税込」と入力してみてください。
「107」となるはずです。



ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ
blogram投票ボタン


スポンサーサイト
[ 2010/09/01 19:54 ] 電卓の使い方 | TB(0) | CM(0)

電卓の使い方

簿記関係一覧

電卓の使い方

私が愛用している電卓
SHARP 電卓 12桁 ナイスサイズ グリーン購入法適用 早打ち/サイレントキー EL-N412K-XSHARP 電卓 12桁 ナイスサイズ グリーン購入法適用 早打ち/サイレントキー EL-N412K-X
()
シャープ

商品詳細を見る


SHARPの電卓は基本的に同じ操作方法です。(製品により使えない機能があります)
カシオの電卓は操作方法が異なるので、参考にならないことがあります。

電卓の使い方 1(CA・C・CEの使い方)
電卓の使い方 2(GTの使い方)
電卓の使い方 3(M+・M-の使い方)
電卓の使い方 4(メモリ機能の使い方)
電卓の使い方 5(キャッシュフロー見積法)
電卓の使い方 6(分数の計算)
電卓の使い方 7(税込・税抜)


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ
blogram投票ボタン


[ 2010/02/19 20:48 ] 電卓の使い方 | TB(0) | CM(0)

電卓の使い方 6(分数の計算)

電卓の使い方一覧

今回は分数の計算をするときの電卓の使い方を説明していきます。

説明に使っている電卓はSHARP 電卓 12桁 ナイスサイズEL-N412K-Xです。

例題1
50+40+10÷20+25+5=

この問題を電卓を使って解くとするとどのようにするでしょうか?
以前までの私は
1,分母を計算し分母を紙などに書く
2,分子を計算して分母の値を割る。

実際の数字を当てはめると
1, 20+25+5=50
2, 50+40+10÷50=2

このようにしていました。
しかし、この方法だと紙に書き写す時間がもったいないです。
この問題は「メモリー機能」を使うことにより解消できます。

先ほどの例題を「メモリー機能」使い解いてみます。
20+25+5「M+」
50+40+10÷「R・CM」=

これで分母を紙に写さなくても1回で答えを出すことができます。
この使い方は按分するときに非常に役立ちます。
例題を使い説明します

例題2
商品A(単価6,000円),商品B(単価4,000円)を1つずつ購入した。
その際に、1,000円の値引きがあった。
このときの商品A,Bの値引き後の単価を求めよ。
値引き額は商品の単価の比率により按分するものとする。

式にすると
商品A
1,000×6,000÷(6,000+4,000)=
商品B
1,000×4,000÷(6,000+4,000)=

先ほどの方法で計算すると
商品A
6,000+4,000「M+]
※6,000÷「R・CM」×1,000=
商品B 6,000+4,000「M+]
※4,000÷「R・CM」×1,000=

※「商品単価×1,000÷「R・CM」=」でも答えは一緒なのでどちらでも問題ないです。

つい最近この方法を知ったのですがこれは使えます。
電卓のスピードが上がればその分問題に費やす時間が増えるので早く慣れていきたいです。



当ブログをよりよくするために、アンケートにご協力ください。

ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/12/24 00:10 ] 電卓の使い方 | TB(0) | CM(2)
ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。