税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」 前半

問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」
(2001/12)
斎藤 嘉則

商品詳細を見る


問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」
斎藤 嘉則さん


現在、派遣で某大学の経費処理の仕事をしているのですが、なんと図書館を一般職員と同じ条件で使用できるということが判明したので早速利用しました。

貧乏だけど本は読みたいので、かなり重宝しています。1冊2,3万円する専門書とかも置いているので本当にすばらしいです!!

本好きな方がいましたら大学の図書館はおススメです。
一般の方にも貸し出しをしている大学もあるみたいなので、一度問い合わせてみる価値はあると思います。

では本題に入ります。

本当は「問題解決プロフェッショナル」を読みたかったのですが、なかったので続編の「問題発見プロフェッショナル」を借りました。

構成としては、大きく2つに分かれていて、前半は、どういった問題であるかを探る「問題発見構想編」、後半は発見した問題をより深く分析する「問題発見分析編」に分かれている。

内容が非常に濃いので今回は前半の「問題発見構想編」について書いていきます。

まず、「問題」とは何なのか?
本書では、問題とは目標(あるべき姿)と現状とのギャップ(差)であるとしている。

問題=あるべき姿-現状

なので、解決策とは「あるべき姿」と「現状」との差を埋めるためのもである。

仮に「あるべき姿」がわかっていないとどうなるか?
先ほどの式を使うと

問題=?-現状

となり、問題を正確に捉えることができなくなります。
逆もしかり、「現状」をしっかり把握していないと同じように問題を正確に捉えることができない。

前半部分ではこの、「あるべき姿」と「現状」の認識の仕方等について事細かに説明しています。
本当はもっといろいろ書きたいのですが、内容がありすぎて何を書けばいいのかがわからない状態です…

ちょっとここで、学んだこと活かし自分分析

ここでの私の「あるべき姿」は
 もっと本書についていろいろ書きたい
です。

現状は、
 何から手をつけたらいいかわかっていない
です。

このギャップを埋めるにはどうすればいいのか?(解決策)

読んでいるときに、「ここはいいこと書いてる!」と感じたらメモを取る
もう一度読み理解を深める
自分が特に関心した部分のみを書く
誰に対して書くのかを決める
例えば、読者に興味を持ってもらえるように書くのか、読書が本書を読まなくてもいいぐらい事細かに書くのか、それとも自分の備忘録にするのかなど

意外と難しい…
これを身につけたらかなり役立ちそうな気がするので、いろんな場面で意識して使っていこうと思います。


高嶺を目指している方や、役職に就かれている方には不可欠な能力と思うので、一読する価値ありです!!

私も手元において置いておきたいと思ったので、いずれ購入しようと思います。



ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
[ 2009/02/23 22:06 ] ビジネス | TB(0) | CM(0)
ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。