税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日商簿記1級 商・会 完了!!

やっと商・会が全て終わりました!
長かった…

商・会でかなり不安がある項目は、
・ヘッジ会計
・分配可能額
・合併会計
・株式交換
・割賦販売
・連結会計(親子間取引の相殺消去)

もう少し理解を深めたい項目
・圧縮記帳
・リース会計
・退職給付会計
・社債の買入償還
・返品調整引当金
・本支店会計
・税効果会計(圧縮記帳の積立金方式)

割賦販売、連結会計、本支店会計、社債の買入償還このあたりはしっかり身につけようと思います。

工・原もあと意思決定会計が残っているので、今日中に終わらせれるように頑張ります。
残り2週間できる限りのことをして挑もうと思います。


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
[ 2009/05/31 14:47 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(4)

工事契約 工事損失引当金 問題

簿記関係一覧

では、工事損失引当金の例題を書いていきたいと思います。(問題集の問題より引用)

次の資料に基づき、工事進行基準での各期の仕訳を行う問題です。

工事請負金 800,000円、当初の見積総工事原価 760,000円
実際発生額
第1期 192,000円 第2期438,000円 第3期 210,000円
原料費の高騰により、第1期末において見積総工事原価を768,000円、第2期末において見積総工事原価を840,000円に修正したが、工事請負金額の改定はなかった。
工事の完成・引渡しは第3期末に行われた。

答え
第1期末の仕訳
完成工事原価 192,000 / 未成工事支出金 192,000
完成工事未収入金 200,000 / 完成工事高 200,000
工事利益 200,000-192,000=8,000

第2期末の仕訳
完成工事原価 438,000 / 未成工事支出金 438,000
完成工事未収入金 400,000 / 完成工事高 400,000
完成工事原価 10,000  / 工事損失引当金 10,000

第3期末の仕訳
完成工事原価 210,000 / 未成工事支出金 210,000
完成工事未収入金 200,000 / 完成工事高 200,000
工事損失引当金 10,000  / 完成工事原価 10,000

となります、解説は追記をご覧ください。

続きを読む »




ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2009/05/27 20:30 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)

工事契約 工事損失引当金

今回の試験から、長期請負工事が工事契約となります。
処理としては今までの処理とほとんど変わりませんが、「工事損失引当金」という新しいものがでてきます。

いろいろネットで調べてみたのですが文章だけの説明でいまいちよくわかりませんでした。
ということで、例題を作ってみることにします。

今日は時間が無いので、また後日にします…
もし「工事損失引当金」で検索してこられた方がいましたら、中途半端で申し訳ないです。
近いうちにまとめますので、また見に来てやってください。

完成しました。
出来としては、なかなかではないかと思います。
問題はこちら


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/26 23:28 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(0)

残り3週間

試験まで残り3週間、工・原は残り意思決定会計と本社工場会計、製造業会計で、
商・会は、本支店会計、税効果会計、連結会計、キャッシュフロー会計となりました。
意思決定と、連結は重要かつややこしいのでしっかり身につけたい項目です。

当初の予定よりかなり遅れていますが、「やっとここまできた。」といった感じです…
本当に範囲広すぎです。
いっぺんに全部の試験をするのではなく、商・会と工・原の2回に分けてもらいたいものです…

工・原が飽きてきたので商・会をまたやろうと思います。
5月中に問題集を終わらして、6月から過去試験問題をはじめていく予定です。

仮に5月中に問題集が終わらなくても、6月になれば過去問をやっていきます。



ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/24 23:20 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)

日商簿記1級 工・原

工・原の前半がやっと終わりました。
前半は比較的簡単なので、なんとかなりそうな感じでした。

もう一度しっかりするところは
仕損・減損の非度外視法
外注加工賃の有償支給

少し不安なところは
部門別計算の連立方程式法
仕損・減損の非度外視法
工程別単純総合原価計算全般

次は標準原価計算と意思決定会計を始めていきます!
難しくなっていきますが、ひとつひとつしっかり覚えていこうと思います。



ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/20 22:33 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(0)

工業簿記 部門別計算 相互配賦法(連立方程式法)

簿記関係一覧

何回かやっているのですが、時間が経つとまた解けなくなってしまいます。

たまたま、知り合いのブログを見ていると連立方程式をわかりやすく説明して、すごく役立ちました。
こちらです。
塾の先生をされていて、説明がわかりやすいので、他のことでもいろいろと参考になると思います。

今回も、自分なりにまとめたので、下記の資料を基にすすめていきます。(とおるゼミの問題を引用さしていただいています。)

相互配賦法の連立方程式法により配賦したときのA製造部門の製造部門費合計額を求める問題です。
補助部門費配賦前の部門費合計
 A製造部門 2,320,000 動力部門 756,000
 B製造部門 1,880,400 修繕部門 806,400
補助部門費配賦基準と実績
配賦基準 A部門 B部門 動力部門 修繕部門
動力部門 電力量 112kWh 68kWh -- 36kWh
修繕部門 修繕時間 54時間 46時間 28時間 --

解説
ここをクリックすると別でウインド同じ記事が表示されますので、問題と解説を照らし合わせながら見ていただくとわかりやすいと思います。

まずは連立方程式を立てます。
補助部門費を相互に配賦した動力部門費をx、修繕部門費をyとする次のような式を立てることができます。
x=756,000+28y/128 ※1
y=806,400+36x/216 ※2

※1、動力部門は756,000と、修繕部門の28/128の配賦を受けることを意味します。
※2、修繕部門は806,400と、動力部門の36/216の配賦を受けることを意味します。

式を解いていきます。

いきなり代入していってもいいのですが、少し式をまとめてから代入することにします。
x=~の式の両辺に128を掛けます。
(1) 128x=96,768,000+28y
となります。

次に、y=~の式の両辺に216を掛けます。
(2) 216y=174,182,400+36x
となります。

(2)の式の両辺を36で割ります。
6y=4,838,400+x
となるので、x=~の形にします。
(3) x=-4,838,400+6y
となります。

(3)の式を(1)の式に代入します。
128(-4,838,400+6y)=96,768,000+28y
-619,315,200+768y=96,768,000+28y
740y=716,083,200
(4) y=967,680

(1)の式に(4)の式を代入します。
128x=96,768,000+28×967,680
x=967,680
となるので、あとは配賦基準を基にA製造部門部門に配賦します。

A製造部門への配賦
2,320,000+112×967,680/216+54×967,680/128
=3,230,000

よってA製造部門費は3,230,000となります。

一応、B製造部門費の計算も書いておきます。
1,880,400+68×967,680/216+46×967,680/128
=2,532,800

よってB製造部門費は2,532,800となります。


もう忘れないことを祈ります…。 当ブログをよりよくするために、アンケートにご協力ください。




ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/19 23:02 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)

日商簿記1級申し込み完了!!

先日申し込もうと思い、地元の商工会議所のHPを見ていると、

「受付申込期間 5/8(金)まで」

ん…!?
申し込み期間が終わっていました。

知り合いにそのことを話すと、違う商工会議所ならまだ申し込みを受けてくれるといわれたので、早速大阪の商工会議所のHPをみると、17日まで受け付けていたのでなんとか助かりました。


勉強しないといけないですが、こんなもの作ってみました。
タグがあまりわからないので、かなり苦戦しました…
これで図を使いながら説明できるので、少しはわかりやすくなると思います。

前T/B
割賦売掛金

一般売上

繰越商品

割賦売上

仕入

繰延割賦売上利益



材料費差異
価格差異

配賦額

数量差異




材料費
月初仕掛品

完成品

当月投入

正常仕損

月末仕掛品




ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/14 20:45 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(4)

割賦商品販売 戻り商品があるときの処理

簿記関係一覧

1級の仕訳で一番難しく感じる方が多いものが戻り商品(相手が支払いができなくなったために取り戻した商品)の処理です。
確かにややこしいです。
私の場合、ややこしいものをブログでまとめると、なぜか覚えるのがはやくなるので今回も自分なりにまとめることにしました。

まず、割賦販売には利益の認識基準が「販売基準」、「回収基準」、「回収期限到来基準」の3種類があり、さらに「回収基準」、「回収日到来基準」には「未実現利益整理法」と「対照勘定法」があります。

前期販売分が回収不能になり商品を取り戻した場合(商品が手許に残っている場合)の処理は、
×××は売価
××は原価または評価額
×は損益
<販売基準>
前期損益修正損 ×/割賦売掛金 ×××
戻り商品    ××
戻り商品損失   ×

戻り商品損失=戻り商品の原価-戻り商品の評価額
販売基準は販売した期に利益を計上するため、戻り商品の利益は前期に計上されているので、前期損益修正損(特別損失)で修正する。

期末の処理
仕入    ××/戻り商品 ××
繰越商品 ××/仕入    ××

<回収基準、未実現利益整理法>
繰延割賦売上利益 ×/割賦売掛金  ×××
戻り商品      ××
※戻り商品損失     ×

※貸倒引当金が設定されているときは貸倒引当金で処理する
期末の処理
仕入    ××/戻り商品 ××
繰越商品 ××/仕入    ××
繰延割賦売上利益 ×/繰延割賦売上利益戻入 ×(この仕訳は当期に回収した分の仕訳なので、一度も回収していない場合はこの仕訳はしない)

<回収基準、対照勘定法>
割賦仮売上 ×××/割賦販売契約  ×××

期末の処理
仕入     ××/割賦商品 ××
繰越商品  ××/仕入    ××
戻り商品損失 ×/繰越商品   ×

これが基本。
ややこしい…
ただでさえややこしい割賦販売なのに、さらにややこしい。
試験での出題頻度が高いのでしっかり理解しようと思います。


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/10 10:35 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(4)

日商簿記1級 商・会3

簿記関係一覧

特殊商品売買があと少しで終わります。
割賦販売は相変わらず難しいです…。

少し頭の整理を(自分の頭の整理なので、わかりにくいと思いますがあしからず)

一般商品販売と試用品販売をしていること、修正、未達事項がないことを前提に進めていきます。
あと「前T/B」は決算整理前残高試算表のことです。
<手元商品区分法、対照勘定法>

試用販売、委託販売については、前T/Bの科目を見て「手元商品区分法」か「対照勘定法」かを判断します。
試用販売契約/試用品仮売上があれば「対照勘定法」(備忘記録なので貸借対照表には記入しない)
それ以外は「手元商品区分法」です。

<手元商品区分法の期末一括法とその都度法>

手元商品区分法の場合は、さらに期末一括法とその都度法があり、問題の指示に従うか、指示がない場合は試用品と試用品売上の残高より判断します。
その都度法の場合は売上を計上したと同時に試用品を仕入に振替えるので前T/Bの試用品残高は小さくなります。
期末一括法は、文字通り期末に一括して試用品を仕入に振替えるので前T/Bの試用品残高は大きくなります。

<期末商品棚卸高の求め方(対照勘定法)>

試用販売契約/試用品仮売上の最終的な残高は、期末商品棚卸高の売価になるので、原価率をかけることにより期末商品棚卸高を求めることができます。

<期末商品棚卸高の求め方(手元商品区分法の期末一括法)>

このときの前T/Bの仕入残高は試用品に振替えた後の残高です。言い換えると一般商品の当期仕入高ということになります。
前T/Bの試用品残高の内訳は、
前期の試用品+当期の試用品
です。
なので売上原価を試用品から仕入に振替えます。
試用品の期末商品棚卸高は、

試用品の期末商品棚卸高=※前T/Bの試用品残高-試用品の売上原価

となります。
一般商品の期末商品棚卸高は

一般商品の期末商品棚卸高=繰越商品+※前T/Bの仕入残高-一般商品の売上原価

となります。
※もし修正や未達があれば、前T/Bの残高ではなく修正後の残高になります。

<期末商品棚卸高の求め方(手元商品区分法のその都度法)>

これは理解するのに少し時間がかかりました。
このときの前T/Bの仕入残高は先ほどとは異なります。
試用品を販売するたびに試用品を仕入に振替ますので、
前T/B仕入残高=当期一般商品の仕入高+試用品の売上原価-当期試用品高
となります。 なので当期一般商品仕入高を求めるには、

当期一般商品の仕入高=前T/B仕入残高+当期試用品高-試用品の売上原価

となります。
ここさえ理解できれば後は楽勝。
試用品の期末商品棚卸高は、修正等が無ければ前T/Bの試用品残高が期末商品棚卸高になり、一般商品は

一般商品の期末商品棚卸高=繰越商品+※前T/Bの仕入残高-一般商品の売上原価

となります。
※もし修正や未達があれば、前T/Bの残高ではなく修正後の残高になります。

委託販売も科目が違うだけで、ほとんど一緒です。
違う点は積送諸掛があるぐらいです。
委託販売をするにあたりかかった費用のうち、当期積送分全体について発生した費用を、販売した分だけ費用として計上し、未販売分は繰延ることです。
しかし、試験で出題されているものは諸掛を一括で費用として計上していて、繰延の問題は見たことが無いです。
知っていて損はないので、一応覚えました。


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/09 09:40 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)

日商簿記1級 商・会2

久しぶりの更新です。

えぇとGWで遅れを取り戻すつもりでしたが、遊びという誘惑に負けてしまい5日間で10時間ほどしか勉強できなかった…
今まで何回か受験したのでわかるのですが、この程度の勉強量で合格できるような資格ではないです。
反省…

予定では工業簿記の半分くらいまで終わっているはずが、実際には会計の半分ほどしか終わっていない…。
9日分の遅れ!!ちょっとやばいです。

っということで方針を変更。
今回の日商は一応受験するが、この調子だとたぶん無理なので、7月に行われる全経上級合格を目標に進めていくことにします。



ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2009/05/07 20:09 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)
ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。