税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。
月別アーカイブ  [ 2009年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日商簿記1級 商・会3

簿記関係一覧

特殊商品売買があと少しで終わります。
割賦販売は相変わらず難しいです…。

少し頭の整理を(自分の頭の整理なので、わかりにくいと思いますがあしからず)

一般商品販売と試用品販売をしていること、修正、未達事項がないことを前提に進めていきます。
あと「前T/B」は決算整理前残高試算表のことです。
<手元商品区分法、対照勘定法>

試用販売、委託販売については、前T/Bの科目を見て「手元商品区分法」か「対照勘定法」かを判断します。
試用販売契約/試用品仮売上があれば「対照勘定法」(備忘記録なので貸借対照表には記入しない)
それ以外は「手元商品区分法」です。

<手元商品区分法の期末一括法とその都度法>

手元商品区分法の場合は、さらに期末一括法とその都度法があり、問題の指示に従うか、指示がない場合は試用品と試用品売上の残高より判断します。
その都度法の場合は売上を計上したと同時に試用品を仕入に振替えるので前T/Bの試用品残高は小さくなります。
期末一括法は、文字通り期末に一括して試用品を仕入に振替えるので前T/Bの試用品残高は大きくなります。

<期末商品棚卸高の求め方(対照勘定法)>

試用販売契約/試用品仮売上の最終的な残高は、期末商品棚卸高の売価になるので、原価率をかけることにより期末商品棚卸高を求めることができます。

<期末商品棚卸高の求め方(手元商品区分法の期末一括法)>

このときの前T/Bの仕入残高は試用品に振替えた後の残高です。言い換えると一般商品の当期仕入高ということになります。
前T/Bの試用品残高の内訳は、
前期の試用品+当期の試用品
です。
なので売上原価を試用品から仕入に振替えます。
試用品の期末商品棚卸高は、

試用品の期末商品棚卸高=※前T/Bの試用品残高-試用品の売上原価

となります。
一般商品の期末商品棚卸高は

一般商品の期末商品棚卸高=繰越商品+※前T/Bの仕入残高-一般商品の売上原価

となります。
※もし修正や未達があれば、前T/Bの残高ではなく修正後の残高になります。

<期末商品棚卸高の求め方(手元商品区分法のその都度法)>

これは理解するのに少し時間がかかりました。
このときの前T/Bの仕入残高は先ほどとは異なります。
試用品を販売するたびに試用品を仕入に振替ますので、
前T/B仕入残高=当期一般商品の仕入高+試用品の売上原価-当期試用品高
となります。 なので当期一般商品仕入高を求めるには、

当期一般商品の仕入高=前T/B仕入残高+当期試用品高-試用品の売上原価

となります。
ここさえ理解できれば後は楽勝。
試用品の期末商品棚卸高は、修正等が無ければ前T/Bの試用品残高が期末商品棚卸高になり、一般商品は

一般商品の期末商品棚卸高=繰越商品+※前T/Bの仕入残高-一般商品の売上原価

となります。
※もし修正や未達があれば、前T/Bの残高ではなく修正後の残高になります。

委託販売も科目が違うだけで、ほとんど一緒です。
違う点は積送諸掛があるぐらいです。
委託販売をするにあたりかかった費用のうち、当期積送分全体について発生した費用を、販売した分だけ費用として計上し、未販売分は繰延ることです。
しかし、試験で出題されているものは諸掛を一括で費用として計上していて、繰延の問題は見たことが無いです。
知っていて損はないので、一応覚えました。


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
[ 2009/05/09 09:40 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)
ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。