税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。
月別アーカイブ  [ 2009年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

割賦商品販売 戻り商品があるときの処理

簿記関係一覧

1級の仕訳で一番難しく感じる方が多いものが戻り商品(相手が支払いができなくなったために取り戻した商品)の処理です。
確かにややこしいです。
私の場合、ややこしいものをブログでまとめると、なぜか覚えるのがはやくなるので今回も自分なりにまとめることにしました。

まず、割賦販売には利益の認識基準が「販売基準」、「回収基準」、「回収期限到来基準」の3種類があり、さらに「回収基準」、「回収日到来基準」には「未実現利益整理法」と「対照勘定法」があります。

前期販売分が回収不能になり商品を取り戻した場合(商品が手許に残っている場合)の処理は、
×××は売価
××は原価または評価額
×は損益
<販売基準>
前期損益修正損 ×/割賦売掛金 ×××
戻り商品    ××
戻り商品損失   ×

戻り商品損失=戻り商品の原価-戻り商品の評価額
販売基準は販売した期に利益を計上するため、戻り商品の利益は前期に計上されているので、前期損益修正損(特別損失)で修正する。

期末の処理
仕入    ××/戻り商品 ××
繰越商品 ××/仕入    ××

<回収基準、未実現利益整理法>
繰延割賦売上利益 ×/割賦売掛金  ×××
戻り商品      ××
※戻り商品損失     ×

※貸倒引当金が設定されているときは貸倒引当金で処理する
期末の処理
仕入    ××/戻り商品 ××
繰越商品 ××/仕入    ××
繰延割賦売上利益 ×/繰延割賦売上利益戻入 ×(この仕訳は当期に回収した分の仕訳なので、一度も回収していない場合はこの仕訳はしない)

<回収基準、対照勘定法>
割賦仮売上 ×××/割賦販売契約  ×××

期末の処理
仕入     ××/割賦商品 ××
繰越商品  ××/仕入    ××
戻り商品損失 ×/繰越商品   ×

これが基本。
ややこしい…
ただでさえややこしい割賦販売なのに、さらにややこしい。
試験での出題頻度が高いのでしっかり理解しようと思います。


ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
[ 2009/05/10 10:35 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(4)
ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。