税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。
月別アーカイブ  [ 2010年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

退職給付会計 退職一時金制度

退職給付会計一覧

相変わらず苦手である退職給付会計。
簿記論での退職給付会計の説明は、表示科目である「退職給付費用」と「退職給付引当金」を手っ取り早く求める方法を説明しましたしたが、財務諸表論では明細的科目についてもしっかり理解しておかないといけないので、今回は明細的も含めてまとめていきます。
※ある程度計算問題を解いたことのあることを前提にまとめていますので、科目の意義などは省いています。

退職一時金制度の場合(数理計算上の差異がない場合)
表示科目
表示科目には「退職給付引当金」と「退職給付費用」があります。
「退職給付引当金」はB/Sの表示科目です。
「退職給付費用」はP/Lの表示科目です。

明細的科目
明細的科目には「退職給付債務」、「会計基準変更時差異」、「勤務費用」、「利息費用」等があります。
「退職給付債務」と「会計基準変更時差異」は「退職給付引当金」の明細的科目です。
「勤務費用」と「利息費用」は「退職給付費用」の明細的科目です。

退職給付費用の構成は
退職給付費用
勤務費用

P/L計上額

利息費用

会計基準変更時差異費用   処理額



これを式にすると

P/L計上額=勤務費用+利息費用+会計基準変更時差異費用処理額

となります。
簿記論での退職給付費用の求め方と同じです。


期末退職給付債務の構成は
期末退職給付債務
退職給付支払額

期首退職給付債務

期末退職給付債務

勤務費用

利息費用



会計基準変更時差異未処理額と費用処理額
会計基準変更時差異
会計基準変更時差異費用   処理額

期首会計基準変更時差異

会計基準変更時差異      未処理額



費用処理額が退職給付費用になり、未処理額が期末退職給付債務の一部になります。

退職給付引当金の構成は
退職給付引当金
会計基準変更時差異      未処理額

期末退職給付債務

B/S計上額



これを式にすると

B/S計上額=期末退職給付債務(期首退職給付債務+勤務費用+利息費用-退職給付支払額)-会計基準変更時差異未処理額

となります。
次の式で表示科目だけでB/S計上額を求めることができます。
簿記論ではこの方法で説明されていました。

B/S計上額=期首退職給付引当金+退職給付費用-退職給付支払額


今回、前回より細かくまとめたことにより、今まで理屈を理解しないままただ公式を覚えていただけだったことがわかりました。

明細的科目と表示科目の関係と流れがわかったことによりかなり理解が深まりました。

次は、企業年金制度をまとめてみます。



ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ
blogram投票ボタン


スポンサーサイト
[ 2010/02/10 23:28 ] 財務諸表論 | TB(0) | CM(0)
ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。