税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織田信長

織田信長〈1 無門三略の巻〉 (山岡荘八歴史文庫)織田信長〈1 無門三略の巻〉 (山岡荘八歴史文庫)
(1987/09)
山岡 荘八

商品詳細を見る


織田信長
山岡荘八さん

「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」もし信長が歌ったならこうなる、と言われているが、この小説を読んだ感想は違った感じがした。

常に人の想像を超えることをし、一見意味不明に思える行動も全て意味があり、それを見抜くことができる者がいない。だから、大うつけと言われていた。
その後、斉藤道三に認められ、尾張を平定、今川義元を破り、尾張を統一し周りが信長を認めていく。

人事に関しては、能力があるものを雇っていく。身分が低くても能力があれば出世していくし、重臣であろうが能力がなければ追放する。

個人的に一番好きなところは、上杉、武田、石山本願寺、毛利、松永に敵視されだしたころで、まさに四面楚歌。見方は徳川家康のみ、この窮地を信長の手腕と強運で乗り越えていくところが最高に面白い!!

全5巻で1冊400ページ以上あるし、登場人物が多くて読むのが少ししんどいが、読む価値は大いにある。


ブログランキングに挑戦しています。
”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif

FC2Blog Ranking


関連記事
[ 2008/12/06 11:28 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。