税理士を目指しています。簿記、税理士の勉強記録や読んだ本についてつらつらと感じたことなどをかいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

工事契約 工事損失引当金 問題

簿記関係一覧

では、工事損失引当金の例題を書いていきたいと思います。(問題集の問題より引用)

次の資料に基づき、工事進行基準での各期の仕訳を行う問題です。

工事請負金 800,000円、当初の見積総工事原価 760,000円
実際発生額
第1期 192,000円 第2期438,000円 第3期 210,000円
原料費の高騰により、第1期末において見積総工事原価を768,000円、第2期末において見積総工事原価を840,000円に修正したが、工事請負金額の改定はなかった。
工事の完成・引渡しは第3期末に行われた。

答え
第1期末の仕訳
完成工事原価 192,000 / 未成工事支出金 192,000
完成工事未収入金 200,000 / 完成工事高 200,000
工事利益 200,000-192,000=8,000

第2期末の仕訳
完成工事原価 438,000 / 未成工事支出金 438,000
完成工事未収入金 400,000 / 完成工事高 400,000
完成工事原価 10,000  / 工事損失引当金 10,000

第3期末の仕訳
完成工事原価 210,000 / 未成工事支出金 210,000
完成工事未収入金 200,000 / 完成工事高 200,000
工事損失引当金 10,000  / 完成工事原価 10,000

となります、解説は追記をご覧ください。

続きを読む »




ブログランキングに挑戦しています。 ”レバメモ”が参考になったと思っていただけましたら、クリックお願いします。
banner2.gif FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ




解説
以前と違う点は引当金があるだけで、そのほかの計算は変わっていないので一度やったことがある方はすぐに覚えられると思います。

第1期末
実際発生額が工事原価となるので、仕訳をすると
完成工事原価 192,000 / 未成工事支出金 192,000
となります。

完成工事高は総工事収益に工事進捗度をかけて求めます。
まず、工事進捗度を求めます。
工事進捗度=第1期実際発生額÷第1期末においての総工事原価
192,000÷768,000=0.25

当期の完成工事高=総工事収益×工事進捗度
800,000×2.5=200,000
となるので、仕訳をすると
完成工事未収入金 200,000 / 完成工事高 200,000
となります。
工事利益は差額で求められます。
200,000-192,000=8,000

第2期末
実際発生額が工事原価となるので、仕訳をすると
完成工事原価 438,000 / 未成工事支出金 438,000
となります。

工事進捗度は、
工事進捗度=(第1期実際発生額+第2期実際発生額)÷第2期末においての総工事原価
(192,000+438,000)÷840,000=0.75

完成工事高は、
800,000×0.75=600,000
となりますが、この600,000の中には第1期の収益も含まれているので、その分を引きます。
600,000-200,000=400,000
なので、第2期の完成工事高の仕訳は、
完成工事未収入金 400,000 / 完成工事高 400,000
となります。
工事利益は
400,000-438,000=-38,000

ここで注意が必要なのは、総工事収益よりも総工事原価のほうが上回ったことにより、損失が見込まれるということです。
なので引当金を計上します。
まず損失の合計は
840,000-800,000=40,000

すでに確定している損失は
38,000-8,000=30,000

40,000の損失のうち、30,000は確定しているので残りの10,000が時期以降の損失になります。
なので、これを仕訳すると
完成工事原価 10,000  / 工事損失引当金 10,000
となります。
なぜ、相手勘定が完成工事原価かというと、繰入額は売上原価(当期の費用)に含めるからです。
工事損失引当金は流動負債に計上されます。

第3期は、実際発生額を完成工事原価で計上し、完成工事高は収益の差額で求めます。
なので、
完成工事原価 210,000 / 未成工事支出金 210,000
完成工事未収入金 200,000 / 完成工事高 200,000
となります。
工事利益は差額で、-10,000となります。
ここで、10,000の損失が確定したので、第2期に計上した引当金を取崩します。
工事損失引当金 10,000  / 完成工事原価 10,000

以上です。



当ブログをよりよくするために、アンケートにご協力ください。
関連記事
[ 2009/05/27 20:30 ] 簿記1級 | TB(0) | CM(2)
>さんかくさん
コメントありがとうございます。

今回の試験から出題されるということで、いろいろな方が出題の可能性が高いとみています。
なので、私自身しっかり理解しときたいということもあり、まとめてみました。
おかげで、この件に関してはばっちりです!

猟犬ですか、過激ですね(笑)
[ 2009/06/02 19:12 ] [ 編集 ]
すごい!
時間をおしまず、このように発信されていることも
また素晴らしいですね。
やっぱり、自分を追い込むっていいですね(変な感心)
猟犬でも飼って追ってもらおうかしら(笑)
[ 2009/05/28 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログランキング
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


マウスを合わすだけで投票できます!



プロフィール

コメ

Author:コメ

プロフィール

夢を追いかけて頑張っています!
とにかく本が好きです!!
コメント、メール気軽にどうぞ♪
カテゴリ
アンケート
ブログを充実していきたいと思っています。 もしよければアンケートにご協力くださいm(_ _)m
計算力トレーニング
バナー
rebamemobanamini


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。